ヒューマンバイオロジー学位プログラム(HBP)は生命科学、医学、物質科学、計算科学を横断した5年一貫博士課程大学院コースです

教育・研究体制

ラボローテーション

リサーチラボローテーション

HBP履修生は春または秋に、”Basic Experiments in Human Biology”の授業の一環として、リサーチラボローテーションを行います。

HBP必修科目:Basic Experiments in Human Biology(ヒューマンバイオロジー基礎実験)

科目概要:
Human Biologyを担当する複数の教員の研究室で、各教員の研究について、その概要と基本的な実験手法の原理を理解するとともに、実際に基本的な実験手技を学修する。

担当:渋谷 彰教授

実習

先生からのメッセージ

加藤 光保 教授 HBP 教務委員長

なぜ自分の研究外のラボでの体験を? ~大学は玉手箱~

加藤 光保 人間総合科学研究科 生命システム医学専攻 教授

普段通いなれた研究室にも無限に広がる学術研究の面白い世界が広がっているもの。急いでどんどん先に進みたいというののが人の常。でもちょっと寄り道をして他の世界も体験しようというのが、このBasic Experiments in Human Biology。新入生が異なった分野の4つの研究室に1週間ずつ滞在して実習します。細菌学しか頭になかった学生が数学のアプローチから生物を見直し、コンピューターの中で生きていた学生がマウスの解剖を行う。そんな衝撃的な体験を通じて、新しい世界への扉が開かれます。あるいは、他を知ることで、さらに自己の確立が促進されます。大学は玉手箱。全く興味がなかった世界に将来の自己実現の鍵が潜んでいるかもしれません。

ラボローテーションに参加した履修生たちからのコメント

顕微鏡下のマイクロマニュピュレーターで酵母の胞子を分けているところ(四分子解析)

「生長因子の刺激により細胞応答を蛍光顕微鏡で観察して、かつ遺伝子組み換え線虫を用いて温度などのストレスによって生体応答の全体像を蛍光で観察させて頂き、生命と環境の関係という課題に更に興味が深まって、そして自分の研究にも新しい視点と手段を引き込みました。」
(L.Sha)

「免疫学、酵母研究、バイオインフォマティクス、発生学など、基礎から実験まで短期間で指導して頂き、学術的な視野が広がりました。各分野では日常的に使われている手法でも、意外と自分の研究領域では活用されていないものを掘りだせるのではないかという興奮を感じました。」
(M.Hashimoto)

酵母遺伝学の実習

「ラボローテーションを通じて、様々な分野の研究室で実験に取り組むことができ、専門分野外の知識や新しいテクニック、そして、先生方とのつながりなど、沢山のものを得ることができました。大変有意義な時間を過ごすことができたと思います。」(Y.Miura)

「今までマウスを用いた実験しか経験がなかったが、本実習を通して酵母や線虫といった他のモデル生物で野実験を経験し、そのおもしろさや奥深さを知ることができた。また自分の専門とは異なる研究に触れることで、専門の研究を今まではと違った角度から考察できるようになった。」
(T.Kikuchi)

「バクテリアばかり扱っていた自分が、がん細胞から蛋白を抽出したり、マウスの皮を剥いだり、固有値問題を解いたりと、衝撃的な出来事ばかり経験させて頂きました。今振り返ってみると、幅広い視野を持つという点で本当にいい経験だと思っています。」(A.Takemura)

履修生がラボローテーションを行った研究室
教員 専門分野 教員 専門分野
永田 恭介 ウイルス学・分子生物学 薬学博士 深水 昭吉 生化学・分子生物学 農学博士
金保 安則 生理化学・細胞生物学 薬学博士 柳澤 純 分子生物学 博士(薬学)
加藤 光保 病理学 医学博士 千葉 智樹 分子細胞生物学 博士(医学)
高橋 智 発生工学・分子生物学 医学博士 櫻井 鉄也 数値解析 博士(工学)
入江 賢児 分子細胞生物学 博士(理学) 牧野 昭二 メディア情報学 博士(工学)
大根田 修 再生医学・幹細胞生物学 博士(医学) 川村 一宏 位相幾何学・組合せ論 理学博士
渋谷 彰 免疫学 博士(医学) 北 将樹 生物有機化学・天然物化学 博士(理学)
馬場 忠 分子発生制御学 農学博士

学内企業LAB

科目番号 形態 Subjects Credit Module Time
and
Date
Chief
Faculty
Members
Year
1
Year
2
Year
3-5
02RA102 実験実習 学内企業ラボ実習 (オミックス解析) 1 Spr.(A-C) In T. Sato
Y.Kanaho
02RA103 実験実習 学内企業ラボ実習 (統合生理学) 1 Spr.(A-C) Ir Y.Yada
Y.Kanaho
大学に居て、企業インターンシップを行う。企業で活躍する研究者が主宰する学内研究室の活動に参加して、企業の研究理念や社会のニーズを捉えた研究の方法などを理解する。
先生からのメッセージ

矢田 幸博 花王株式会社 HHC研究センター 主席研究員

企業研究者の立場から

矢田 幸博 花王株式会社 HHC研究センター 主席研究員

私は、企業研究者の教官として本学位プログラムの「学内企業ラボ実習(Home Internship Integrative Physiology)」を担当しています。
研究を始めた当初は、生化学領域、特に細胞内情報伝達機構に関する研究に従事していましたが、その後、酵素や細胞を対象とした研究から次第にヒトの心身機能を研究する領域である皮膚科学および統合生理学(Integrative Physiology)分野に進みました。統合生理学とは、それまでの大脳生理、自律神経系さらには、末梢循環といったような個々の生理機能を総合的に検討することで複雑な生体の営みを理解しようとする比較的新しい研究分野です。近年では、国内外の企業でもそれらの評価技術を取り入れた基盤研究さらには、製品の有効性評価にも積極的に活用されています。個々の細胞活動が巨視的には、生体全体の統合的な生理機能に連関していることを相互に理解することは、ヒューマンバイオロジーを学び、研究者を目指す皆さんにとって大変重要な視点だと思います。皆さんとともに「Imagine the Future !! 」できることを期待しています。

佐藤 孝明 株式会社島津製作所 ライフサイエンス研究所 兼  経営戦略室

世界のグローバリゼーションに通用する学生を育てたい

佐藤 孝明 株式会社島津製作所 ライフサイエンス研究所 兼 経営戦略室

これまでの日米での教育経験を生かして、このヒューマンバイオロジー学位プログラムを通して、世界のグローバリゼーションに通用する学生を育てたいと考えている。特に、私自身の複数の企業での企業研究者としての経験や日米のバイオベンチャーの設立等の経験も生かしながら、アントレプレナーシップの精神をもって新しい研究や事業への創造意欲に燃え、高い目標に向かって果敢にチャレンジングする学生を育てたい。
また、研究に関しては、ヒューマンバイオロジー学位プログラムでは、これまでの日米での大学や研究機関での経験を生かして、特に、基礎研究と臨床の橋渡し研究(トランスレーショナルリサーチ)医工連携によるメディカルエンジニアリング、更にはゲノム、プロテオーム、メタボローム、トランスクリプトームを統合的に解析するオミックス解析システムを駆使した新規バイオマーカー探索を積極的に推進したいと考えている。これらの最先端研究を通して、自分で新しい研究プログラムを具体的に立案できる学生を育てたい。

嶋田 	崇史 株式会社島津製作所 基盤技術研究所 ライフサイエンス研究所

強い信念をもった研究者へ

嶋田 崇史 株式会社島津製作所 基盤技術研究所 ライフサイエンス研究所

新しい発見や概念を見つけたとき、その知的好奇心がかき立てられ、研究の醍醐味を味わうことになるでしょう。ですが、これを公表する時、多くの批判を受けることも多々あります。時には負けそうになることもあるでしょう。それでも、自身の成果を世に問う、そんな強い信念をもった研究者として、共に歩んでいきたいと考えております。またこれからの研究は、研究の哲学だけでなく、これを支える仮説、方法や技術、装置や特許までもが複雑に関連してきます。幅広い判断基軸を持つ思考力を獲得できる機会を数多く提供できるよう、努力して参ります。
高等教育を受けた方々は、その後社会に出たとき、自動的にその責任を負うことになります。すぐにではなくてもいいので、社会に還元できる人材にまで、自らを育て上げていく、継続的な意思を持ち続けられるタフな志を共有したいと思っております。

よくあるご質問

アクセス

お問合わせ

ニュースレター

パンフレット・ポスター

ヒューマンバイオロジー学位プログラム

筑波大学
グローバル教育院 事務室
〒305-8577
茨城県つくば市天王台1-1-1
TEL: 029-853-7085,
029-853-7081
FAX: 029-853-5967

TMS press

Youtube

Twitter

Facebook

PAGE TOP

Copyright © 2013 HBP All Rights Reserved.