ヒューマンバイオロジー学位プログラム(HBP)は生命科学、医学、物質科学、計算科学を横断した5年一貫博士課程大学院コースです

教育・研究体制

2017/06/30
HBP 5年 Bektik Emreさんが共著書となった論文 "A Singular Role of IK1 Promoting the Development of Cardiac Automaticity during Cardiomyocyte Differentiation by IK1–Induced Activation of Pacemaker Current"がStem Cell Reviews and Reportsに掲載されました NEW
2017/03/24
HBP 5年 三浦悠樹さんが筆頭著書となった論文 “The small G protein Arf6 expressed in keratinocytes by HGF stimulation is a regulator for skin wound healing”がScientific Reportsに掲載されました
2017/01/19
HBP 5年 Lin Jianhuangさんが筆頭著書となった論文 “Functional characterization and efficient detection of Nucleophosmin/NPM1 oligomers”がBiochemical and Biophysical Research Communicationsに掲載されました
2017/01/19
HBP 5年 Lin Jianhuangさんが筆頭著書となった論文 “Efficient DNA binding of NF-κB requires the chaperone-like function of NPM1”がNucleic Acids Researchに掲載されました
2016/12/05
HBP 5年 菊地琢哉さんが筆頭著書となった論文 ”Intestinal CREBH overexpression prevents high-cholesterol diet-induced hypercholesterolemia by reducing Npc1l1 expression ”がMolecular Metabolismに掲載されました
2016/12/05
HBP 5年 菊地琢哉さんが共著書となった論文 ”Hyperlipidemia and hepatitis in liver-specific CREB3L3 knockout mice generated using a one-step CRISPR/Cas9 system ”がScientific Reportsに掲載されました
2016/12/05
HBP 5年 菊地琢哉さんが共著書となった論文”Absence of Elovl6 attenuates steatohepatitis but promotes gallstone formation in a lithogenic diet-fed Ldlr−/−mouse model ”がScientific Reportsに掲載されました
2016/12/05
HBP 5年 菊地琢哉さんが共著書となった論文 “Salsalate activates brown adipose tissue in mice ”がDiabetesに掲載されました
2016/12/05
HBP 5年 Daassi Dhouhaさんが共著書となった論文“Optimisation of the critical medium components for better growth of Picochlorum sp. and the role of stressful environments for higher lipid production ”がJournal of the Science of Food and Agricultureに掲載されました
2016/12/05
HBP 5年 Daassi Dhouhaさんが共著書となった論文“Bioluminescence imaging of β cells and intrahepatic insulin gene activity under normal and pathological conditions ”がPLoS Oneに掲載されました
2016/12/05
HBP 5年 竹村彩さんが共著書となった論文“Expression of a cryptic secondary sigma factor gene unveils natural competence for DNA transformation in Staphylococcus aureus ”がPLoS Pathogensに掲載されました
2016/12/05
HBP 5年 橋本美涼さんが共著書となった論文“Angiotensin II accelerates mammary gland development independently of high blood pressure in pregnancy-associated hypertensive mice ”がPhysiological reportsに掲載されました
2016/12/05
HBP 5年 三浦悠樹さんが共著書となった論文“Machineries regulating the activity of the small GTPase Arf6 in cancer cells are potential targets for developing innovative anti-cancer drugs ”がAdvances in Biological Regulationに掲載されました
2016/12/05
HBP 5年 Le Tran Phuc Khoaさんが筆頭著者となった論文“Visualization of the Epiblast and Visceral Endodermal Cells Using Fgf5-P2A-Venus BAC Transgenic Mice and Epiblast Stem Cells ”がPLoS Oneに掲載されました
2016/12/05
HBP 5年 Le Tran Phuc Khoaさんが共著者となった論文“Comprehensive Identification of Krüppel-Like Factor Family Members Contributing to the Self-Renewal of Mouse Embryonic Stem Cells and Cellular Reprogramming ”がPLoS Oneに掲載されました
2016/12/05
HBP 4年 本多隆利さんが共著書となった論文“Forward-genetics analysis of sleep in randomly mutagenized mice ”がNatureに掲載されました
2016/12/05
HBP 4年 本多隆利さんが共著書となった論文“Identification of mutations through dominant screening for obesity using C57BL/6 substrings”がScientific Reportsに掲載されました
2016/10/21
HBP 4年 山内(旧姓:石川)祐さんが共著書となった論文” CABCOCO1, a novel coiled-coil protein With calcium-binding activity, is localized in the sperm flagellum”がMolecular Reproduction and Developmentに掲載されました
2016/10/21
HBP 4年 山内(旧姓:石川)祐さんが共著書となった論文”Biogenesis of sperm acrosome is regulated by pre-mRNA alternative splicing of Acrbp in the mouse”がProc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.に掲載されました
2016/10/21
HBP 4年 山内(旧姓:石川)祐さんが筆頭著書となった論文”Surfing and Swimming of Ejaculated Sperm in the Mouse Oviduct”がBiology of Reproductionに掲載されました
2016/10/21
HBP 5年 三浦悠樹さんが筆頭著書となった論文” ACAP3 regulates neurite outgrowth through its GAP activity specific to Arf6 in mouse hippocampal neurons”がBiochemical Journalに掲載されました
2016/10/21
HBP 5年 Le Khoa Tran Phucさんが筆頭著書となった論文” Visualization of the Epiblast and Visceral Endodermal Cells Using Fgf5-P2A-Venus BAC Transgenic Mice and Epiblast Stem Cells”がPLoS ONEに掲載されました
2016/09/01
HBP 4年 本多隆利さんが筆頭著者・責任著者(Corresponding Author)の論文”Artificial Induction of Associative Olfactory Memory by Optogenetic and Thermogenetic Activation of Olfactory Sensory Neurons and Octopaminergic Neurons in Drosophila Larvae”が Frontiers in Behavioral Neuroscience に掲載されました
2016/04/12
HBP 5年 Daassi Dhouhaさんが筆頭著者の論文” Differential expression patterns of MafB and c-Maf in macrophages in vivo and in vitro”がBiochemical and Biophysical Research Communicationsに掲載されました
2016/01/06
HBP 4年 橋本美涼さんが筆頭著者の論文”Severe Hypomyelination and Developmental Defects Are Caused in Mice Lacking Protein Arginine Methyltransferase 1 (PRMT1) in the Central Nervous System”がThe Journal of Biological Chemistry に掲載されました
2015/11/11
HBP 4年 久野朗広さんが共著書となった論文”Advanced CUBIC protocols for whole-brain and whole-body clearing and imaging”がNature Protocolsに掲載されました
2015/10/02
HBP 3年 新妻耕太さんが筆頭著者の論文”Identification and Characterization of CD300H, a New Member of the Human CD300 Immunoreceptor Family”が Journal of Biological Chemistry に掲載されました
2014/06/30
HBP 2年 本多隆利さん筆頭著者の論文が ネイチャー・アジア(Nature Asia)「注目の論文」に選出されました
2014/06/27
HBP 3年 Dinh Tra Thi Huongさんが筆頭著書となった論文”Truncated Cables1 causes agenesis of the corpus callosum in mice”がLaboratory Investigationに掲載されました
2014/05/07
HBP 2年 本多隆利さんが筆頭著者となった論文”Induction of Associative Olfactory Memory by Targeted Activation of Single Olfactory Neurons in Drosophila Larvae”がScientific Reportsに掲載されました

よくあるご質問

アクセス

お問合わせ

ニュースレター

パンフレット・ポスター

ヒューマンバイオロジー学位プログラム

筑波大学
グローバル教育院 事務室
〒305-8577
茨城県つくば市天王台1-1-1
TEL: 029-853-7085,
029-853-7081
FAX: 029-853-5967

TMS press

Youtube

Twitter

Facebook

PAGE TOP

Copyright © 2013 HBP All Rights Reserved.