ヒューマンバイオロジー学位プログラム(HBP)は生命科学、医学、物質科学、計算科学を横断した5年一貫博士課程大学院コースです

ニュース

HBP2年 Arvin Lapiz Valderramaさんが、ビジネス構想コンペティションにおいてポスター賞を受賞

平成29年2月27日(月)博士課程教育リーディングプログラム第2回ビジネス構想コンペティション(※)が、東京工業大学の主催でベルサール東京日本橋にて開催されました。ヒューマンバイオロジー学位プログラム(HBP)から5組のペアが参加し、2年Arvin Lapiz Valderramaさんと1年坂本航太郎さんのTechnology for Broader Dimensionsペアがポスター賞を受賞しました。HBPとしては、2年続けての受賞になります。

Arvinさんと坂本さんは、HBPの科目Appropriate Technology(担当:入江賢児教授)を履修し、今回発表したビジネスアイディアのシーズを考案しました。発表内容については、下記のコメントをご覧ください。

Appropriate Technology(適正技術教育)は、現地のニーズ、文化、環境、人などを考慮したうえで、現地の人に必要とされる最善の技術の創出を目指します。それにより、これからの社会で必要とされる問題解決力、現場対応力、起業力を養う授業です。彼らは、HBPの海外渡航支援を使用し夏休みにフィリピンとベトナム、福島を訪れ実際に現地の方とコミュニケーションを取りながら、その地域が抱える課題を解決することに挑戦しました。

※博士課程教育リーディングプログラム第2回ビジネス構想コンペティション
東京工業大学の主催で行われ、リーディングプログラムに所属する学生から社会的課題の解決を事業に結び付ける提案を募り,選ばれた提案を企業人とともに彫琢し,学生の提案を実用化・事業化する機会を創出しています。

受賞コメント

ポスター賞を受賞したArvin Lapiz Valderramaさんのコメントです。

During the competition, there were a lot of interesting projects like advanced AI robots for communication and low-cost life support system, where some have existing patents already. With these kind of competitors, I am a bit surprised that my project won the award because it was initially designed for the Appropriate Technology course so it was meant to be just simple and implemented without cutting-edge techniques. I wanted to improve public transportation, avoid unnecessary haste, and long waiting time of commuters by using a notification device to give real-time location of transport vehicles without using the internet.
This simplified system aims to help even those who can’t read Japanese language, designed to be implemented before the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games, where an influx of people (both foreign nationals and Japanese) is expected. Business experts asked tough questions that made me think critically and they pointed out some improvement that could be implemented. Despite being simple and somewhat “low-technology”, the reviewers commended the idea’s uniqueness and affordability. One reviewer mentioned that from his long time of experience in a tech- company he never heard something like my idea and it can have many applications aside from transportation. It was quite a challenge to communicate as some of the reviewers requires translation, so I tried my best to simplify and organize my explanation, also the prototype demonstration helped a lot on making the judges understand what I wanted to do. Overall, the experience was very exciting and productive at the same time as some of the people we knew from the network of mentors and businessmen contacted us after the event for a possible collaborative project in the near future. I really believe that business plan competition is not only about winning the awards but ultimately making the business happen in real life.

Arvin Lapiz Valderramaさんと科目担当の入江賢児教授
Arvin Lapiz Valderramaさんと科目担当の入江賢児教授

(写真左から)ポスター発表を行った1年 松本すみ礼さん、Tran Thi Thu Haさん、大山可奈子さん、2年Arvin Lapiz Valderramaさん
(写真左から)ポスター発表を行った1年 松本すみ礼さん、Tran Thi Thu Haさん、大山可奈子さん、2年Arvin Lapiz Valderramaさん

フィリピンでのフィールドワークの様子
フィリピンでのフィールドワークの様子

福島での適正技術教育の様子。(写真中央)1年 坂本航太郎さん
福島での適正技術教育の様子。(写真中央)1年 坂本航太郎さん

関連リンク
アーカイブ
2017
2016
2015
2014
2013
2012

よくあるご質問

アクセス

お問合わせ

ニュースレター

パンフレット・ポスター

ヒューマンバイオロジー学位プログラム

筑波大学
グローバル教育院 事務室
〒305-8577
茨城県つくば市天王台1-1-1
TEL: 029-853-7085,
029-853-7081
FAX: 029-853-5967

TMS press

Youtube

Twitter

Facebook

PAGE TOP

Copyright © 2013 HBP All Rights Reserved.